2014年11月14日

ペキニーズ歴史

祖先犬となったのは、歴代の中国皇帝に献上物として贈られ、中国宮廷は長くその犬を門外不出として改良し、皇帝や皇后の愛玩犬にされていた犬種とされる。一般庶民はその犬を崇拝し、神のように扱ったという。小さなものは王族が袂に入れて、連れ回ったという話もある。しかし、アヘン戦争がきっかけとなり、イギリスへと渡り、以来イギリス王侯貴族だけの愛玩犬として飼育されるようになった。その後はドッグショーにも出陳され、広く一般に知られるようになった。今日では家庭犬、愛玩犬として、多くの愛好家に育てられている。

ニックネーム luyouqi at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アセラAdClick