2015年02月24日

ゲランの伝説のフレグランスを新たに解釈した香りが登場

サンスクリット語で“愛の神殿”という名のゲランの名香「シャリマー」は、1925年の誕生以来、多くの支持を集めている世界初のオリエンタル調のフレグランス。甘美な花々とバニラが官能的に香り立つこちらのフレグランスをモダンに解釈し、ゲランの5代目調香師、ティエリー・ワッサーが新たな香りをクリエイト。“スフル(=そよ風)”という製品名のとおり、肌をやさしく包み込むようなフローラル オリエンタルの香調は、より軽やかで明るい印象で、「シャリマー」の新たな側面を引き出している。そんなフレッシュさを表現する、ブルーのグラデーションのボトルも新鮮。ホリデーシーズンにもふさわしい、ジュエルのように輝くセンシュアルな香りをチェックして。

ニックネーム luyouqi at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アセラAdClick